福岡の脱毛コラム

埋没毛について解説 | なんでできちゃうの?


「埋没毛」とは、脱毛・剃毛・除毛などの処理後、何らかの原因で皮膚内で発毛し成長してしまった体毛のことをいい、埋もれ毛あるいは埋まり毛などとも呼ばれています。


外から見える場合もあり、皮膚が鳥肌状になって黒いポツポツが目立つこともあります。自然に分解して排泄されてしまうこともありますが、場合によっては色素沈着を起こしたり、炎症を起こしてしまいます。


埋没毛を自分で除去しようとして、さらに毛抜きなどを使うと、炎症が悪化してかゆみを伴った毛嚢炎を引き起こし、ついには皮膚科などへ行かなくてはならなくなります。


埋没毛は主に脱毛をする女性に多く見られ、脇やビキニラインなど皮膚の弾力がなく毛の生える方向が一定していない部位の多く発生しやすいといわれています。


ムダ毛処理について


ムダ毛の自己処理でもっとも手軽なのがカミソリです。処理する部位によっては毛抜きを使う方も多いのですが、やはりカミソリが手っ取り早いという方が多いようです。


お風呂タイムなどで、肌をふやけた状態にしてカミソリを使う方法が多いようですが、カミソリはムダ毛とともに表面の角質までそり落としている状態です。ちょっとした皮膚の裂け目から雑菌が侵入して炎症を起こしてしまうこともあります。


カミソリを使った後に赤くなったり、乾燥してかさかさしたりした経験がありませんか?そんなときが、角質がはがされている状態なのです。


また、毛抜きを利用してムダ毛処理をした場合はどうでしょう。毛抜きを使用する場所は、ワキやVIOなど、狭い部位やシェービングでは断面が目立ってしまう部分だと思います。


抜け落ちる前のムダ毛を無理やり抜くわけですから、毛穴の周りの皮膚が引っ張られて傷ついたり、毛根から出血したり、炎症や化膿を起こしやすくなります。こういった症状は脱毛ワックスや脱毛テープなどでも同じことがおきます。


また、除毛クリームや脱色剤でも薬品が肌に広がりますから角質を傷めることになります。ムダ毛を溶かしたり、脱色するための強いアルカリ性薬剤を使用するのですから、肌に良いとはいえませんね。


埋没毛の基礎知識


埋没毛はそのほとんどがムダ毛の自己処理が原因です。生えているムダ毛を無理に引っこ抜こうとして途中で切れてしまったり、カミソリで毛穴を傷つけてしまうと皮膚が炎症を起こし、その部分が数日でかさぶたになります。


毛穴に残ったムダ毛が表面に出られず肌の中で埋もれて成長して埋没毛になってしまうのです。埋没毛はぽつぽつと黒ゴマのように見えて、さわった感じもざらざらして非常に見苦しくなります。


埋没毛は放っておけば皮膚の表面に出てきて抜け落ちることが多いのですが、気にしてさらに抜こうとしたり、いじり過ぎると皮膚が堅くなってシミのようになったり、炎症を起こしたりします。埋没毛を甘く見ると後悔することになるので、埋没毛を作らないよう細心の注意をしなければいけません。


埋没毛の原因をまとめると、
・毛抜きで無理に引き抜く
・カミソリで同じ個所を何度も剃る、深剃りをする
・家庭用脱毛器を使いすぎたり、粗悪な脱毛器を使用する
・抜くタイプの電気脱毛器の使用
などです。特にムダ毛が濃い方、太い方は、自己処理には注意が必要です。


埋没毛を作らないために


埋没毛は自己処理の失敗が大きな原因。ということは、埋没毛を作らないためには、基本的に自己処理をしないこと。となりますが、脱毛サロンに通うとなると費用の問題や通うための時間を作らなければなりません。


また、脱毛サロンが近くにない場合もあります。永久脱毛となるとサロンに通う回数や期間は年単位になってしまうこともありますが、ちょっと迷ってしまいますね。今は家庭用の脱毛器がたくさん出ていて、使用法などをきちんと守って行えばサロンと同じとはいかないまでも、埋没毛で悩むようなことはありません。


性能の確かな家庭用脱毛器であれば、安全で処理後の肌がツルツルになるものもあります。ただし、どんな高価な家庭用脱毛器でも使い方を守らなかったり、処理後の保湿やケアをサボるのは逆効果となることを覚えておきましょう。


関連ページ

埋没毛の除去と自己処理での失敗例について
自宅でレーザー脱毛ができる脱毛器トリアについて
サロンでリーズナブルな価格の手の甲と指脱毛をすれば安心





福岡で人気の脱毛サロン

 

福岡の脱毛コラム